会社案内

Company Profile

『使って喜ばれ、造って喜びたい』 
そんな"縁の下の力持ち"企業でありたい

代表者挨拶

豊富なチャレンジが
ベストプラクティスを確立する

ベストプラクティスとは、仕事を行う上で最も効率的で良い方法・技法で生産するという考え方です。
言い換えるならば『このやり方が一番』という考え方ですが、固執しすぎると新しいことへのチャレンジや改革、気付き・発想・発案などを阻害してデメリットになることもありますことから、慎重に探求し続けて邁進し、成長してまいりました。
御陰様で創業25年。あっという間に四半世紀の歳月が流れました。
これもひとえに、常日頃から大変お世話になっているお得意先様はもとより、お取引先様・ご地域・ご近隣の皆様方からの温かいご支援とご鞭撻の賜物と深く感謝申し上げる次第でございます。
道半ば、まだまだ発展途上ではございますが、さらに明るい四半世紀先を見据え邁進し続ける所存でございます。

有限会社 奥越 代表取締役 阿部 政人

会社概要

社名有限会社 奥越
設立1994年5月
資本金13,000,000円
代表者代表取締役 阿部 政人
従業員数31名 (女性:9名、パート:10名)
本店所在地〒124-0022 東京都葛飾区奥戸4丁目24番7号
新潟工場〒954-0165 新潟県長岡市福原235
TEL0258-66-2809
FAX0258-66-6646
事業内容建築金物製造(主に配管用支持金具等)

会社沿革

平成6年5月ボルト・リベット、蝶番ピンの製造及び脱脂洗浄業務を主として創業
資本金1,300万円
平成8年 社屋航空写真
平成8年 社屋航空写真
平成8年プレス機の導入。これを契機に建築金物製造へのシフトを始める
脱脂洗浄設備の更新
従業員数が10名に増員
平成11年溶接機の導入
従業員数が15名に増員
平成13年万能曲げ機の導入
従業員数が18名に増員
平成24年従業員数が30名になる
平成24年プレス機3台を増設
生産能力・生産効率の向上と生産可能品目が大幅に増加